せどりで売り上げが伸びない人にありがちな考え方。

こんにちは、すぺらんかーです。

私はこれまで様々なせどらーさんと交流させて頂きましたが、その中で自分が凄いなって思うせどらーさんと「この人大丈夫かな…」って思ってしまうせどらーさんの考え方に違いがあるなと思ってしまう事があります。実際にどんな違いがあるかまとめてみました。

1・絶対損したくないという気持ちが強い

損したくない気持ちが大きすぎて考え方が固まっている人が多いです。一回の勝負にこだわって仕入れする事にためらいが生じ、結果資金を無駄に余らせているタイプ。話しを聞いていると数百円でも赤字が嫌との事。

こういう人は絶対伸びません。

そもそもせどりはリスクが低いビジネスです。理由は商品自体に価値があるから。

ものレートで価格差があり売れている商品を仕入れるので、よほど大損しても数万円程度です。同一商品を大量に仕入れるとき以外は、ある程度保証があるのでガンガンチャレンジしていく事が重要かなと思います。数万円程度なら損しても今後の人生になんの影響も無いですからね。

逆にこういったタイプの人ほど訳の分からない所にお金を使っているなー。と思う事がありますw

この考えに陥っている方はまだまだ大きく稼ぐのは無理かなと。

一度失敗したらそれはだめだったと決めつける

犬で例えると散歩中に側溝に落ちた事がある犬は、側溝に近づくと意地でも通るのを食い止めようと必死に抵抗します。ジャンプすれば簡単に飛び越えられる幅の側溝でもです。おそらくトラウマ的な事だと思うのですが、せどらーでも同じように一度チャレンジして損してしまった事にものすごく抵抗が大きい方が多いです。

このタイプの人は自分で何も考えていないんだろうな。と思う人が多いです。

仕入れに失敗したときに、

仕入れ値が高くて失敗したのか。品質が悪くて失敗したのか。効率が悪くて失敗したのか。売り時が悪くて失敗したのか。値崩れと出品者の群がりを予想できなくて失敗したのか。そもそもズレた判断基準で仕入れしたからなのか。など

ひとくくりに失敗といっても様々な原因がありますよね。このタイプの人は犬と同じで、それ自体を避ければ良いと考えてしまいます。結果、失敗から何も学ぶ事が無く無駄に終わります。

「失敗は成功の母」というように人間には考える力があるので、何がいけなかったのか考えましょう。少し視点を変えるだけで劇的に仕入れの幅が広がると思います。

最大の利益を取りにいく考え方

最大限の利益を取る事はもちろん良い事ですが、私が言っているのは最近はやりのポイントを取りにいく電脳せどりなど。

例えば、上限ポイントが10000ポイントで購入金額にすると10万円以降はポイントがつかないセールだとします。

その場合、一番利益が高く残るのはポイントがつく10万円を狙いに行くのが普通だと思います。でも上限ポイントに達するまで購入した後にまだ利益が取れる商品があった場合に仕入れないという判断をしてしまう事です。

普段なら仕入れる基準の商品なのですが、イベントでポイントがつくはずなのに上限に達成しているので仕入れるのがもったいないから仕入れないといった判断をしてしまうのは仕入れ判断がブレています。

今仕入れるかどうかが重要な訳で、過去にポイントがついていたかどうかは僕からしたらどうでも良い事です。多少仕入れ値は上がりますが結果利益が出ていれば問題ないですよね。

さらに言えばどうやればもっとポイントをつけれるか、アカウントを増やす事などで上限突破出来る方法を常に考えていかないと売り上げは平行線のままかなと思います。

まとめ

さんざん偉そうな事を書きましたが、自分がこういう考え方だったので、凄く損してたなと思う事があります。仮に前日まで30%OFFのセールがあったとしてセール後に仕入れるのは損したという気持ちが湧くのは普通です。でもビジネスって普通の考え方だと駄目だと思うんです。

凄い人と話ししてたら頭のネジが外れてるのかなってくらい考え方が違います。

リスクが高い事を平気でやりますし、稼いでる方法も普通ではありません。

そんなクレイジーな人間になりたいです…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする